田七人参(でんしちにんじん)

ホーム 中国の特色 生活用品 中国の茶 中国情報 ショッピングカート
現在の位置: ホーム > 中国の特色 > 中国の生薬?薬草 > 田七人参(でんしちにんじん)
人気キーワード
田七人参(でんしちにんじん)
  • 商品番号 :p440535
  • 販売規格 :500g
  • 製造会社 :雲南省?広西省
  • 配送方法 :(EMS, 2万円で送料無料!)
  • 市場価格:4680円
    当店売価:3900円
  • 購入量:

商品詳細:

田七人参 bder=0 src=/images/image/upload/2008621175168026.jpg /> <br />  <img height=233 width=345 alt=

 bder=0 src=/images/image/upload/2008621176234565.jpg /> </p>  <p>【別 名】…三七?参三七?田三七?三七粉?山漆。</p>  <p>【基原(素材)】…ウコギ科サンシチニンジンの根。</p>  <p>【温寒】&hellip温 <br />  【帰経】…肝?胃 <br />  【薬味】…甘?微苦 まず脾に入ります。</p>  <p><br />  【薬理作用】…?血液の循環を改善する<br />  ?止血作用<br />  ?鎮痛消炎作用<br />  ?冠状動脈を拡張し、心臓機能を改善する<br />  ?肝機能保護作用<br />  ?免疫機能の調節作用</p>  <p><b> 田七人参</b>の由来</p>  <p> 田七人参は、中国雲南省の山間部でしか採取できない、ウコギ科の植物です。早くから漢方薬の主成分として毎日の健康に愛用されてきました。主な成分は、サポニン?フラボノイド?有機ゲルマニウム?鉄分などです。</p>  <p><br />  有機JAS栽培</p>  <p> 田七人参は三年間の栽培期間を必要とし、また様々な栄養分を含むことで、古来より本草網目には?金不換(きんふかん)?と呼ばれ、金にも換えられない程貴重な薬用植物として珍重されてきました。<br />  田七人参は雲南省文山の澄み切った環境の中で、有機栽培(無農薬、無化学肥料、遺伝子組み換え無し)をしています。</p>  <p> 加工</p>  <p> 有機JAS農産物の処理には化学合成物の使用が禁止されているので、弊社では水洗加工によって田七人参本来の色を引き出しております。またそれと同時に、重金属の汚染(特にヒ素、鉛、カドミウム)を軽減することにも成功しております。</p>  <p>■中国医学</p>  <p> ひと昔前までは、一部の中国通にしか知られていなかった田七人参ですが、中国では田七人参は医薬品です。<br />  中国4000年の伝統医学の裏付けと、さらに近代医学の科学的データの分析も進み、医療の常識を覆す勢いがあります。<br />  日本では健康食品として販売できます。</p>  <p>■<b>田七人参</b>とサポニン</p>  <p>中国科学院昆明植物研究所の調べによりますと、田七人参に含有するサポニンの量は約12で、高麗人参の4をはるかにしのいでいます。また、田七人参に含まれるサポニンは他の人参にない田七サポニンA、田七サポニンB、など田七人参にしかない特殊なサポニンが数種類も発見されています。<br />  ?有機田七人参粒100?には<br />  田七サポニンRb1???3.39g、Rg1???3.09g(100g中)<br />  と非常に多く含まれており、二つのサポニンのバランスが良いのも特徴です。</p>  <p>■雲南省の有機田七人参</p>  <p> 田七人参は紡錘方で、持つとドッシリ重く、日本人の持つ人参観とはまるで違ったものです。<br />  田七人参は中国の雲南省でほとんどが栽培されています。この山地は標高1000メートル前後の傾斜地で、年間を通して豊富な雨量、温暖な気候、そしてこの地の土壌が田七人参の栽培には欠かせないのです。有機田七人参は、種を植えて2年間栽培し、さらに移植して1年間育てるので収穫には3年間の歳月が必要です。</p>  <p>■田七人参の食べ方と量</p>  <p> 田七人参は非常に堅く、味は苦いためそれいゆでは飲みやすいように粒状に加工しています。1日に2袋~3袋を目安にお飲みください。また、田七人参は漢方の?上薬?にランクされていますので安心してお飲みいただけます。田七人参は健康増進に役立つ事でしょう。<br />  ■田七人参の分布</p>  <p> 田七人参は非常に歴史のある植物です。<br />  環境条件に対する特殊な要求によって、現在ではわずかに中国西南山区にあるのみで、中国特有の種です。<br />  主要分布は中国雲南省?文山州?の一部にあります。</p>  <p>■大きさを表す特有の単位"頭"</p>  <p> 田七人参は大きさの基準として"頭"として別けられます。<br />  "頭"とは一斤500gの中に何個田七人参が入るかで大きさが決められます。<br />  例えば一斤の中に田七人参が60個入ると60頭となります。<br />  もちろん田七人参が入る数が少ないほど頭級は大きくなります。有機田七人参は一斤の中に25個入る大きさなので25頭級となります。<br />  大きさが大きなものほど田七人参に含まれるサポニン量は多いのです。</p>  <p>■田七人参</p>  <p> 田七人参の根は、主根、側根、ひげ根で構成される。<br />  通常私たちが知っている田七人参とは主根を指します。<br />  主根は最も価値がある部分でそれいゆではこの主根の25頭のみを使用しています。</p>       </blockquote>
    
      </div>
     </div>
    </div>
    <script type=